今日職場で女性を口説きました 笑

まあ口説いたというより知り合ってまもない
別の課の女性を飲みに誘ったのです
(仕事では報告等をしあうだけの関係性にとどまってます)

私は気心か知れたときには
既に飽きてしまう性分でその頃には別の人に
興味が移っていることが多いです。



この場合、もちろん失敗する確率のほうが
強いのですが、失敗したとしても
トライアンドエラーをして挑戦に恐れぬ自分の行動に納得して
幕を閉じることが多いです。



今回もご多分にもれず

 


私「お酒すきですか?」
お相手「はい!すきですよ」
私「今度よかったらどうです?」
お相手「いいですね」
お相手「○○さんも凄いお酒すきで盛り上がるんですよ 飲み会。」
私「へえそうなんですかぁ」
お相手「じゃみんなで行きましょ!」
私「あのう 個別とか無理ですか?」
お相手「それはちょっと。。。」

笑 まあそれはそうですよね

ノリがいい人でもし付いてきてくれれば
それはそれは丸儲けです

先週のニュースアプリでカトリーヌドヌーヴさんが「女性をどんどんデートに誘うことは悪くはない。むしろ世の男性、たじろがず挑戦してほしい」と声高に述べられてました

http://m.huffingtonpost.jp/2018/01/14/catherine-deneuve-apologize_a_23333236/

これを読んで勇気が出た男性は沢山いるはず

やれ、セクハラだ、やれグレーゾーンだ
挙句の果てに職場の解雇の憂き目にあう人
も今の世の中多いと思います

今回はセクハラ被害者に対して謝罪を
申し述べています

でもデートに誘うことと過度のセクハラを一緒にしてしまうことは乱暴です。

彼女が申している行間を感じてほしいと思いました。

成功と失敗を重ねながら女性という存在を通じて
学ぶこと人生学習の一つだと思います


職場だからダメ!街中だからダメ
デートに誘うためのふさわしいシチュエーションや規制はそもそもありません



でもしつこいのはダメです
そのしつこさの境界とは自分自身が他人の失敗例を鑑みて

イメージしルールを設けなければ理屈として分かりません。

そこには各々のセンスが問われます。
これこそ生き学問ではないでしょうか。