★再会?★

この写真は自宅の近所です。

いつもの走行ルートなのだ🚙

この風景を撮りながらスプリングスティーン

nebraska(ネブラスカ)1982年発売のジャケットみたいだなぁと思いました 笑

このアルバムは内省的、ネクラなアルバムだと

揶揄されてるけど私は彼の作品では一番大好きです。

そうそうこの季節、私は100%インドアです。

音楽を聴き、コーヒーを飲み、ニュースを見

物思いに耽り、さまざまな事を鑑みたりする

この冬の投稿はそんな内面の結果です

今日は近所の大型書店で本を探していたら

高校時代の同級生のC君に遭遇しました。

私は彼に気づいたけど

読書に夢中の彼は私に気づいていませんでした。

試読用チェアが書店に用意されてるんだけど

どう見ても居座り読破してしまうような雰囲気 笑

読みながら微笑みを浮かべてるんだよね 笑

昔の私なら徹底的にこういう人種は軽蔑しました。

「ここは図書館じゃねえんだよこの乞食野郎」とね 笑

C君は見た目60歳ほどの変化を遂げてしまった

そこにも驚きを隠せなかったけど

高校時代のC君はイジメの対象とされてました

でもガタイが大きいから言葉で揶揄されても

タコなぐりに合う憂き目には合わず

見事3年間通学を果たしました

いま彼はどんな仕事をされてるかわからない

家庭を持ってるかとか

そういうことも

でも微笑みを浮かべながら読書に没頭する彼を

見て不幸な感じはしませんでした

それよりも幸せそう

ホリエモンが言う「何かにハマる」生き方を

彼は体現できてるのかも

他人からどう見えようと

本人が幸せならそれで良いのです

f:id:lackytan:20180204140740j:plain